アニメ

カテゴリ:アニメ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gのレコンギスタが面白い。



 秋アニメが続々放送開始され、秋の特番とかで、枠が編成がずれたりしてましたが、
富野さん自身によるガンダム、「Gのレコンギスタ」アルジェヴォルンが26話枠ででやってて
唯一ではないけど、ハードロボットアニメです。というより、ガンダム・シリーズっていったほうが
いいのかな。
 ガンダムシリーズを面々と作り続けることをどっちかとういうと嫌ってる富野さん。
また、旧シリーズを否定しまくるのかななんて思っていたら、
 モビルスーツという言葉は継続してるし、コアファイターも継続中。
でも、今作の場合、バイファムみたいな、脱出ポッドって
考え方のほうが近い感じ。
 キャラデザは置いといて、
 私が勝手に注目してるデザインは、安田 朗、形部一平、山根公利が努めております。
安田朗は、キングゲイナーあたりから富野さんのお気に入りみたいですね。
 アニメ雑誌とか、その他ネットの情報だと、私初見なのですが、形部一平さん人が
すごいみたいですね、グリモアとかデザインしているらしい。このグリモアがかわいい。
デザインの新機軸としては、腰の動きに実はロボットは嘘があるって再三このブログで
書いてきましたがそこを球形にしてコックピットにしちゃった、これでアニメーターは
自由にロボット残しをひねったり、いろいろ人っぽいポーズが付けられる。
 これ、実はですね、もう大河原さんがボトムズの最近のOVAでファッティのデザインを
リファインするときに、
半球形にしてポーズつけやすいようにしているんですよ。
ただ、Gのレコンギスタだと、宇宙海賊側だけみたいですが。
 
 文学上のSF作品では、もう使い古されたアイデアですが軌道エレベーターが一大舞台装置に
なっているみたい。
 スペース・コロニーから、軌道エレベーターになった感じで、
わりと過激に破壊初動のある富野さんだからコロニー落としがあったように、このエレベーターも
倒しちゃうんじゃないですか?
 今のところ、主人公のガンダムへの違った、(Gセルフか)イニシエーションも簡単に
済んだし、どっちが敵味方になるのか、よくわかりませんが、主人公は、謎の女の子とGセルフ
とともに行ったり来たりしてるし、敵役になりそうな天才パイロットは出てくるし、
(なんの演出のひねりもなく自分で天才って言っている。)
まぁ富野アニメの王道を言っている感じです。

 総監督が富野さんなんですが、毎回脚本が富野さん自身が書いていて
例のなんと表現したらいいのか、わからないけど、ちょっと変わったセリフ回しがかっこいいし
富野アニメが来た!!なんて、 私の世代は思ってしまいます。
 それと、アニメとしてですが、ロボットも人が全部手書きで書いてます。
メカ作監チェックしてませんが。seedとかに比べると抑えたポーズ付けでなかなかいい。
 劇場公開も視野に入っているのか
知りませんが、、無駄なところまでというと怒られるかもしれませんが、
とにかく、面倒kくさそうなところまでよく作画を費やしてよく動かしていますね。
 TVアニメで手書きでは本当に感心してしまいます。
 
 もう一つの富野アニメの特徴。CVに新人さんというか、有名ドコロがほぼ出てない。
私、CVあんまり得意分野じゃないので、とんでもないこと書いているかもしれないけど、
富野アニメって、出てくる人は多いは、いわゆるアニメのCVのプロパーの
人メインに起用しないんですよね。洋画系の人はよく出てるけど、、。
この後有名になる新人発掘も多いと思います。

 富野さんも深夜枠のほうが、自由に物を作れるんじゃないでしょうかね、、。
スポンサーサイト

「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了。




「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了

 ついに終わりましたね、、。一応第一期終了です。
来年の1月から第二期が放送されるのですが、すごい終わり方でしたね、、。

 この夏アニメ、アルジェヴォルンとか、キャプテンアースとか、
ロボットアニメがいっぱいで、喜んでみていたのですが、
結局、最後まで残ったというか、一番面白かったのは、この「アルドノアゼロ」でした。 
虚淵マジックにハマっていました。
 火星だと、地球に対して重力がどうのこうので、身長が低くなるってハードSF
でいっていますが、それは、おいておきましょう。とにかく宇宙から、攻めてきた侵略物の
ロボットアニメだということで、軽く流しておきましょう。

 脚本がいいですね、、。各話すこしづつといいますか、一捻りされた結果、相手を
倒せたり、裏切り者というか、実はというネタがちょこちょこあったり、、。
 キャラ設定も、もう二三年になりますが、二人でキャラを起こしていて、
最初は、眠たげな目がちょっと、、、と思っていたのですが。
(実は、これはやりなんですよね、、。誰から始めたのか、知りませんが、オノ・ナツメとか、
上まぶたを意識してキャラを描くの。

 出渕さんが、ロボットアニメっ定点観測か、ロードムーヴィーっていっていましたが、
虚淵が描く純正のロボットアニメということで、一応、ロード・ムーヴィー型です。
その乗り物が次々変わるのもまぁ、良かった。

 脚本というか、キャラ立てで面白かったのは、姫様より主人公の伊奈帆くん。
(最初、稲穂って書くものだと思ってた)
めっちゃクールで殆ど感情を出さない。冷静沈着で頭脳でテキパキやってく。
しかも、自分から危険なところにも飛び込んでく。(特にラスト二話)
主人公が、絶叫しながら瞬間的なパワーで敵を凌駕して倒すスポ根物も
引ずっている日本のアニメと真逆のキャラです。

虚淵も、最近名前を聞かない時期が無いですが、ゲームソフトから始まり、
これで一周したんじゃないですかね、、。ロボット物は、ガルガンティアと重なりましたが、、。

アルドノアゼロのほうですが 最後はすごいことになりましたね、、。

 まるで、NHKでやってた、TVドラマシャーロックや24みたいです。

多分、大丈夫だと思いますが、、。

風雲維新ダイショーグン 放送終了




ダイショーグン

 春アニメが続々、終わっていきます。
ダイショーグンも、やたら色んなモノが登場するなぁ、と思っていると
放送終了。
 やたらキャラが生き残っているし、きちっと見てないからわからないけど、
徳川慶一郎と名乗りだしたので、season2にも、かなり含みを持たせてあります。
 巨乳キャラをしかも、時代劇で強引に眼鏡っ娘巨乳を持ち込むとは、
少しあざとすぎます。
 ただ、山下しゅんやのキャラは相変わらず、いきいきしてるし、
ロボットのデザインもいいと思う。(ちなみに、ニトロプラス系のひとがやってます)
 エロネタに走ったところで、お手軽アニメになっちゃったきらいがある。
これ、脚本、前にも書いたけど、佐藤大、あの理論派の佐藤大が書いているとは、
信じられません。

シドニアの騎士 season2があるらしい。




シドニアの騎士。こっちは、久々の完全フル3DCGアニメかつ、ド・ストライクのハードSFロボットアニメで
しがみついて見ていました。原作もかなりダークだけど、
もう少し、船内が変に日本っぽかったり、ちょっとオフビートなところもあったんですね。
ところが、アニメはそれがなし。超ハード。
 最終話タイトルが帰艦と、なんだ無事に帰れるのか、と見る前からわかっちゃう気もするのですが、
ラストバトルは、大盛り上がり。
 ただ、こっちも含みを持たして終わっていて、かつ、twitterで見た情報ですが、
season2の制作が決定したみたい。未確認だけど、、、。
 season2そんなの当たり前でしょう!!。

スペース☆ダンディ 現在、番宣かねて放送中。




 実は、スペースダンディのseason2が決まっているそうで、その番宣も兼ねて、。
超真夜中にかためて放送されています。
 こうやって見ると、意外と面白いな、、。
わりと、けなして書いてごめんね、、。信一郎さんのスペースオペラってことで
期待しすぎたのかな、、。
これ、意図的にやっているだろうと、思うんだけど、作画というか、画風に
ばらつきがあって、逆に面白い。
 また、スタッフがえググて、純文学の雑誌にまで書いたりしているSF作家円城塔まで
参加してます。
 その回みたんだけど、図書館ネタだったんだけど、もうひとつ、円城塔の
良さ生かせてなかった、、。なんか、ばらつきがあるんですね、。
信一郎さんの植物の回は面白かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。