2013年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惡の華 全巻読破、現在のところ。



 惡の華 全巻読破、2013/7現在

 大人買いして、8巻まで読みました。
アニメなんて、序の口ですね、、。
家出編と仲村さんの家というか部屋訪問その後あたりをアニメはフォローしています。
コミックの方は、その後、どんどんエスカレーションしていきます。

 ネタバレになるので、書きませんが、佐伯さんとの関係も
ある意味、仲村さんの精神世界、変態関係の犯罪行為もエスカレートしていきます。
 そして、中学編のピークは、6巻の終わりになると思います。
すべてを捨てて、どこか、爽やかさまで感じさせる春日と仲村さんの二人。
 これが、二人の卒業なのか!?。

 この辺が、コミックの雑誌連載のインフレーションでは、限界だと思います。
ある意味、いい所で、ブレーキというか、ぎりぎり構成を崩壊させずに
連載を継続させ、かつ、一旦の幕引きが行われています。
 
 ここから、高校編に突入。
シンクロするかのようにここから、
コミックの装丁もびっくりするぐらい、色合いが美しくなります。
何事もなかったかのように、引越し、高校に進学し平穏に暮らす春日。
そこでの、本来イケてる組みなのになぜか文学少女である、少女との交流。
 しかし、春日自身もすべてを封印しているわけではないことが、ちらほら描かれ、、、

 漫画家さんでは、よくあることですが、連載が続くことにより、画力も後半は大幅UP。
当初はエキセントリックさで引っ張っていた感のある漫画ですが、
 高校編では、微妙な表情が描かれていて、それが怖さを醸し出しています。

 コミックの前半では、作者自身による、巻末にエッセイが載っていて、
こっちも、そうとうブラック。いや、こっちのほうが、実話なので、衝撃度は強いかも、
この作品がほぼ自身の成長譚であることが語られています。
世界観、背景なんかも、ほぼいっしょだとか。
 仲村さんの決め台詞「クソムシ」も作者自身が実在する女性に言われた言葉だとか。
 
 しかし、この漫画のコアにあるものってなんなのでしょうね。
作者もエッセイ中などで読者に再三語りかけていますが、変態ってどういうことなのでしょう。
誰だって一人ひとり、どす黒いものを腹の中には、抱えているとおもう。
それが、顕著になるのが、思春期だし、それとうまく付き合っていけるようになることが
おとなになることなのだととも思う。ということは、
そのどす黒いものを抱えて隠したまま生きているわけだから、
 本当は、おとなになるということは、よっぽど質が悪いことではないのだろうか、、。
一見常識から完全に逸脱しているかのようにみえる、仲村さんと春日くん。この二人こそ、
心のどす黒いものと懸命に戦い勝利したのか、敗北したのか、わからないが、
少なくとも、他の人々より真剣に生き戦った真の勇者たちなのではなかろうか、
その到達点が6巻のラストの爽やかさ、それこそ、神々しさまで感じさせる、二人の姿ではなかろうか、、。

 再び、中学時代をすごした場所を再訪しようとする春日。

 彼の狂騒曲は、まだ終わっていません。

惡の華 アニメ版の記事へ

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

少年ジャンプにて、鳥山明 新連載!!。『銀河パトロール ジャコ』



 世間的に大騒ぎしていると思いますが、
鳥山明が、ドラゴンボール以来何年ぶりでしょうか?少年ジャンプで新連載をスタート。
 一応、今日現在で、二回連載されました。
 
 『銀河パトロール ジャコ』
 宇宙の平和を守っている、エリート(本人はそう思っている)
隊員ジャコが、宇宙船の故障で、地球に不時着。
小さな島に住む、工学博士のおじいさんのところへ、やってきます。
そこでおきる騒動のお話。タイムトラベルも伏線として関わってくるみたい。
 うーん、宇宙船の設定もニコちゃん大王っぽいし、ドラゴンボールっぽい。
ジャコがすごい力持ちということで、アラレちゃんとか、孫悟空みたい。
 ジャコが、変に頭でっかちというか、小狡いところも、
笑いのポイントです。
 
 絵柄ですが、ドラゴンボールの後半、連載がきつかった所為だと、言われていますが、
鳥山明は恐ろしいぐらいトーンを貼りませんでした。
 というか、一切貼ってなかった。
現代の漫画では考えられないことなんですが、
 それが、スーパーサイヤ人の強い白さと相まって、ちょっとテンションの高い
絵作りになっておりました。
 
 ところが、今回は貼っている。
きちっと。
 PC入力でソフトでかぶせているのかも、しれませんが、
以前のようなことはない。

 まだ、二回なので今後どうなるか、わかりませんが、
出来れば、ドラゴンボールみたいに、連載継続のために
漫画家の意に反する方向転換はしないでほしい。
 おもしろければ、いいというのもわかるし、現に戦いの連続で
面白かったのだけれど、、、。

 絵柄は、ゲームのデザイン画を漫画を執筆していないときでも、
見ていなかった所為かわからないけど、
あまり違和感というか、変わった感はないですね。

 ドラゴンボールみたいに、おもしろいけど、漫画家本人の身を削るような、
方針転換した作品にならないければ、いいのですが。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

別冊マガジンがすごいことになっている件。



荒川弘が、アルスラーン戦記を書くという表紙の
惹句に思わず、手にとってしまった、別冊少年マガジン。
 これが、すごいことになっているじゃないか!?。

 なんと、「進撃の巨人」もこの雑誌だし、
「惡の華」も、この別冊マガジンじゃないか、、、。

 肝心のアルスラーン戦記は、もう一つとは、
言わないけど、フツーだったけど、、。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

夏アニメ色々見てみた その2 『幻影ヲ駆ケル太陽』




 これは、いい。この手の魔法物ってあんまり得意というか、
殆どみないのだけど、いい。
 若手キャラは置いておき、中年キャラのリアルで生き生きしたデザインがいい。
捨てキャラとは、思えない描き込みです。
 キャラデザが気になる。
戦闘シーンのアクションゲージ的、動かし方のタメとかもいいし、
コンテもメカの戦闘シーンみたいで、かっこいい。
 タロットカードで色々世界観が作りこまれているといいなぁ、、。
出来れば、きちっと見たい。「魔法少女まどか☆マギカ」みたいな、ティスト
がするけど、あっちは、極北の魔法物って感じだったが、
こっちは、より正当な気がする。



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

スーパーロボット画報2



 「スーパーロボット画報」も、結構貴重な一冊だったのですが、
2が出ました。
 ガンダム以降は、リアルロボットとスーパーロボットを実は、分けてほしいんだけど、
まぁ続編ということでいいでしょう。
 
 1シーズンごとに、一体何作作られるの?というぐらい作られるアニメ作品。
正に、フォローするのが大変です。
 それをフォローしたムック(ムックかな?知らないけど)
 今年の最初ぐらいの作品までフォローしています。
ただ、これも、MS大全集といっしょで、劇中の全部のロボットをフォローしていません。
 劇中の代表的なやつだけです。
でもまぁ、メカのデザインの変遷とか、有名なメカデザイナーなども、
知れます。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

夏アニメ色々見てみた その一 『ダンガンロンパ』



 夏アニメは、なかなか面白そうなのがないと、言って拗ねてても仕方がないので、
色々見てみた。
 一通り見たわけじゃないけど、
「ダンガンロンパ」は、もう一つ、
これ、ゲームが原作なんですか?。
 なんか、少年コミックあたりでよくありがちな、設定です。
すいません、私は、対象年齢にはいってないのでせう。
 世界観とか、盛り上がりとか、まだ、これからだと、思うけど、、、。
緒方恵美が声優で出ているのが、びっくりシンジ君だ。

 そして、大山のぶ代まで出ている。
こっちにびっくり。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


2013 夏アニメ続々放送開始

 2013の夏アニメは、はっきり言って、あんまりみたいものがないな、、。
ヴァルヴとガルガンティアと二本もロボットアニメがあった春が懐かしい、、。
 ざっとチェックした感じ、
銀の匙と有頂天家族くらいか。
 
 キングダム2も、本来とびつくべき作品だろうけど、あんまりわくわく感がない。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

翠星のガルガンティア



 ↑これ、設定資料集。
私、設定資料集好きなのです。

 翠星のガルガンティアも、13話で終わりだったんですね、、。
26話だと、思ってた、、。

 なんか、ロボットのデザインの数が少ないから、もしや、とは、思ってたんですよね。
それほど、壮絶な感じもなく終わったって感じです。
 なんか、これだけの、設定で、13話で終わるのは、マジもったいないですよ、、。
ラグランジェみたいに、season2ないかな、、、。

 ニトロのデザイナーの方も雑誌で言っていたんですが、
頭を小さくして、肩を怒らせて、足を長くするロボットのかっこよさには、
少し異論があると、
 頭が大きくても、逆にかわいくなってかっこよくなるんじゃないかと。
で、頭にコックピットを持ってきてチェインバーになったそうです。
 はっきり言うと、これ、又、若い人わからないだろうけれど、
レイズナーです。
 でも、当時から、もう頭を小さく描くとかっこよくなるという作画の
文法は出来上がっていて、大河原さんのデザインをものすごく無視した
感じで作画されていましたが、当時は、メカの作画とキャラの作画を分ける前だったのですが、
 もう、現場では、うまい人が得意なシーンを書くということで、分けてたみたいです。

 まぁ、基本、アニメって衝撃度のインフレが起こりすぎて風呂敷を広げすぎなんですが、
 基本、艦隊と艦隊の話なんで、小さな艦隊同士のいざこざって感じで
小さく終わった気がします。 
 しかし、チェインバーのラストは、壮絶でしたね、、。
SAC1stのタチコマや、1stガンダムを思い起こさせます。
 
 ちょっともったない感がある。
マジでもっと続けてほしかった。

 後、最後にスタッフのロールで発見したのですが、
サンライズでずーっと描いてた、千羽さんと板野サーカスを受け継いだ男、中田
が原画で参加してたみたいですね。
 気がつかなかった、、、。

 チェインバーの仏像のような、戦闘スタイルは、てっきり3DCGの作画だと思ってたんですが、
一部、手書きなのでしょうか?。

 エウレカみたいな、続編じゃなくて、輪廻のラグランジェみたいな、配信放送展開を希望す。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

悪の華 アニメ版



 全13話、放送終わりました。(一部、ペイテレビでは終わって無いらしい)
いやぁ、とにかくすごかった。
 いろんな媒体で取り上げられていたとは、思うけど、ひょっとすると、手法的には、
アニメ史に残る作品かもしれない。
 
 私、原作のマンガについては、まったく知りませんでした。
2話ぐらいでしょうか、ちらっと、ロトスコープの画面を見て、なんだこれは、と。
 そして、話も強烈。
 各アニメ誌でも、この実写を撮影した後にアニメに起こすロトスコープについて
語りつくされていると思いますが、はっきり言うと、今までの概念としてのロトスコープでは
無いと思う。
 概念というか、目的が違う。そしてそこから生み出される効果が全然違う。
今まで、ロトスコープは、よりリアルな動きをアニメで追い求めるがために
採用されてきました。それは、24コマのディズニーの動物の動きだったり、
最近では、「坂道のアポロン」の演奏シーンなんかも、多分ロトスコープだったと思う。
 どうやって、作画してんの?と。

 この悪の華は、完全に違う。リアルさを追い求めつつ、意図的に、3コマのリミテッドアニメにしてる。
(正確にはリミテッドアニメと言う言葉を使うと、宮崎さんが怒るのですが)
 わざと、コマ落ちにして、カクカク動かしてる。
リアルさを追求するという面もあるかと思うが、流れとしては、ここ最近、photshopでの
レイヤーを自由に操作できることから、ロケハンのデジカメ画像そのままパースに起こした
美術が大半を占めるようになってき、その関係でこの手法がとられたのでは、ないかと思う。
 確か、photoshopが出回りだしたころ、フィリップ・ロワレとかいうアーティストが写真からそのままトレースした画像でマンガを製作していたと思う。
 又、もう一つ驚かされたのが、普通、テレビシリーズなんてスケジュール的にも予算的にも、
ぎりぎりで製作されています。
 そこで、果たして、コンテに合わせて、実写の俳優を使って実写パートを撮影するだけの予算的余裕があるのか?。
という疑問。
 成立しているんだから、あるんだろう。
しかも、主人公の春日は、実写の俳優と声優が同一人物だが、女性キャラの二人は、実写パートと
声優が別である。
 計4人いるわけだ。

 最終回は、仲村さんの部屋の中という内面に触れる、展開だがやや総集編的色合いが強く、
ラスト一話前で、煽ったわりには、やや、不満。
 しかし、最後に強烈なテロップが、、、。

 第一部完。

 えーっ、。season2があるのか!?。

 これも、冷静に考えれば、連載が進行中の作品のアニメ化の場合、どこかに既存の終りの
ポイントを作らないといけないのだから、わかるのだが、、。

 今回は、意図的に、話の内容に触れず、手法に固執しましたが、

 今度は、大人買いした、原作について語ろうと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

アルプスの少女 ハイジ 小田部羊一さんの画集。



 よく、ハイジと宮崎さんをセットに語られることが多いのですが、
(間違いではない)
当時の、宮崎さんの肩書きは、画面構成、画面設定です。
今で言う、レイアウト。
 当時は、業界でそういう言葉すらなかったのです。
 絵コンテでは、きちんと、カットの最初から、最後まで
説明してあるコンテもあるのですが、そのカットの一場面を一枚の絵で表現してあるだけで、
 画面のどの辺から始まって、どこで終わるとか、指定していない場合があります。
 その細かい指示をそれも、今までにないぐらい、bookなどを多用し、画面構成
していたのが、宮崎さんで、

 ハイジのキャラそのものや、絵の部分の大部分は、この小田部さんが描いています。
そう、ハイジのキャラって宮崎さんじゃなくて、小田部さんのキャラなのです。
 
 その小田部さんの画集です。
残念ながら、書き下ろしなかったように思いますが、ソフト化したときのジャケットの
絵などが多数採録されています。
 インタビューも面白く、好きなキャラは、ハイジでなく、犬のヨーゼフだとか、、。
 
 私、偉そうに書いていますが、ハイジは、ぎりぎり見てません。
いやぁ、幼すぎたというべきか、OPの度でかい、ブランコや、
 ハイジが、ペーターのおばあさんのために、パンを隠すところとか、断片的に
覚えてはいるんですが、現実が面白くて今ほど、アニメを必要としていなかったのでしょうかね?。
 リアルタイムのファンの方が、絶対言うせりふがあります。
それは、このハイジと宇宙戦艦やまとが、裏番組の関係にあり見るのに苦労したという話し。
 奇しくも、現在曜日は違いますが、やまとのリメイクを、又、NHKのBSでハイジを再放送しています。 
  
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。