2013年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻殻機動隊 ARISE border1



攻殻機動隊 ARISE border1

二作目のOVAを大都市のシネコンでイベント上映するそうで、
その完全な援護射撃でBS11でほうそうされていたので、見てしまいました。
 もう士郎正宗のコミックから、押井さんの二作の劇場版、神山さんの
劇場版一作とTVシリーズ、2シーズン。もう、こんなハードなSFは大好きですが、
ちょっとやりつくした感があるんですね、、。ちょうど007みたいな感じで。

 と思ったら、007と同じで、前日談が始まっちゃった。
公安9課ができるまでを描くみたいですが、どんな話数で
 どこまで描くかは全くしりません。

 監督は、ずーっと一連の作品神山作品は除く押井作品で、キャラデザと作画
銃器関係をやってた、黄瀬さん。監督のみならず、作画から、キャラデザまでこなしおている
らしい、メカデザは、柳瀬さんで、脚本は、冲方丁。黄瀬さんだけ、内部昇格みたいな感じで、
あとの人たちは、どこかわくわくさせる感じです。

 講談社系の雑誌で読んだARISEは、完全なバトーの戦争漫画に終始しててあまりにもアニメとちがうので、
すこしびっくりしましたが、まぁ、コンテンツビジネスのメディアミックスの世界では
ありです。
 世界観を壊さず、今までの蓄積したノウハウをうまくまとめて、無難に作った感じですね。
キャラを殺せないので、後日談より前日談のほうが、実は、話し作りはむずかしいかもしれませんね。
そんなことをおもいました。
 あと、一番、びっくりしたのが、声優陣がそうとっかえになったこと。
まぁだれか、残して新しい人入れるより、いいかもです。
 でも、超有名声優の坂本真綾でも、どこか、御大田中敦子の演技を真似てる感じですね。

やはり、古谷山以外にアムロはできないといった感か、、。

 ちょっとハッキングして、模造記憶というのは、小説でいうところのあてにならない
語り手と同じで、少しずるい気もしますが、まぁ、ノックスの十戒も関係ないでしょう、アニメは。
 一作見ただけでは、色々各資格ありませんね、すいませんでした。
 
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キルラキル #8



 これ、↑サントラです。
作曲家の方の、タイトルの付け方がすごいらしくて、誰も読めないらしい。
 買って確かめてね、、。

 キルラキル です。またもや、、。
結局、秋アニメで一番一生懸命見ているのって
キルラキルらしい。

 今回は、壊惨総選挙ということで、結局、四天王が残って
雑魚キャラが淘汰されるんだけど、
 まぁいつもの例のごとしです。

四天王の一人、多分、一番その中でもボス、蟇郡苛
(これ多分パッと見ただけじゃ読めないでしょう)
(がまごおりいら)の中学時代と、
免許取得の話が前半織り込まれてて、
「流子のお前一体いくつなんだよ」には、わらっちゃいました。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

キルラキル #7




とうとう実現、真子VS流子
喧嘩部創立後、ほぼ、校内の倶楽部せいはしちゃい
リッチになっちゃった、満艦飾家、
真子と流子が対決することに、。、。

 この展開は、放送初期から若干予想できたんだけど。

 一時期、真子最強説をぶち上げていた私ですが、
(だって、脅威の打たれ強さ)
結局予定調和でおわりました。
 まぁ、いいか、、。

 しかし、もう6、7話ぐらいですか、
ハイテンションのまま、勢い芸みたいな感じで
放送は続いていきます。番宣とか、放送前のアニメ雑誌からは、
こんなアニメって全く想像できなかったです。はい。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

宮崎駿の引退宣言とジブリのこれから



 まだ、シネコンでも公開されているんですよ。「風立ちぬ」
夏休み作品が、もう11月ですよ。恐るべし、宮崎駿パワー。というか、
引退宣言がブースターの役割を果たしていると思いますが。
で、そのころ予告編でやってたのが、高畑勲さんの「かぐや姫」まさか、
同時公開になるとは、想像しませんでしたが、
 ずーっとジブリ作品でロマンアルバムが出ているのですが、
出ました。「風立ちぬ」も、、。公開ちょっと遅れぐらいで出てますが。
なんか、最近はやたら、ジブリ関係が文藝春秋からでるから、徳間書店とは、
もう資本関係というか、提携が切れたのかと思っていたのですが、
一応、徳間書店から出ています。(徳間書店って準大手で弱い立場なのにがんばれ、徳間書店)
 宮崎さんは、監督とはいえ、全カットほぼ目を通して修正しています自分で。
こんな作り方をしているアニメ監督は日本には居ません。
早い話、youtubeやnico動で作られている個人制作による自主制作アニメと同じなのです。
彩色だけは、自分でやっていないかな?。
 その尺が二時間になっていると思ってもらえればいいです。
けど、このロマンアルバムだと作画監督の方のコメントなど面白かったです。
 ジブリの作品も絵の部分も実は若干変化しています。
昔は、やたら、シンプルな線の割にデッサンの効いた絵をしていましたが、
最近は、そうでもない、、。
 画力なら京都アニメのほうが、上とか、ネットで言われているぐらい。
ジブリについても、書きだすと止まらくなるので、自粛。
 引退宣言の、僕は自由です。宮崎さんは言ってましたが、二時間ものの商業映画
からは、開放、いや、鈴木プロデューサーからは開放されたという意味です。
二時間の商業映画だと企画の段階でいろいろ宮崎さんなりに妥協しているので、鈴木さんが潰した企画
いとたくさんです。 
 今回の「風立ちぬ」も、これ、モデルグラフィックスという模型雑誌で
宮崎さんが極私的に連載していたものを鈴木さんがひっぱってきたっぽい。(未確認情報だけど)
 多分宮崎さんは、反対だったと思う。その証拠にこの原作の連載は、単行本化すらされていない。
一応、毎月、私も必死で雑誌の連載を追ってたけど、完結はしたのかな、、。
 連載時は、ゼロ戦の設計者の堀越さんと堀辰雄というか、結核を患った女性との
恋愛の関係性がもう一つよくわからなかった。
映画のほうでは、綺麗に合致されていて、よくわかりますが、
原作の漫画は、映画ほど合致して描かれていませんでした。
前にも書いたけど、模型誌で仕事すると黒宮崎になるのです。
 それに、ミリオタなのはわかりますが、さり気なく、映画に反映させているだけで、
こんなに正面から戦闘機の設計者を取り上げるのは、潜在的左翼で平和主義のの宮崎さんは
絶対、戸惑いというか、躊躇はあったと思う。
 しかし、自分の好きな戦闘機というより飛行機。また、自分が最も好きな
WW1とWW2の航空機を描けるとあって、腹はくくったとおもいます。
 どう批判されても耐えるというか、持ちこたえるというか、、
また、そういう作品にしようとは思ったと思う。
 実際右翼的だと韓国や中国のメディアというか、批評家から意見があったでしょ。
 
 それに、随分前からジブリシニアだか、シニアジブリだか、立ち上げるって
言ってましたから、やめる気は満々なのです。

 スタジオジブリそのものも、もうみんな気づいているけど、はっきり言って
上がつかえてる。作画はそれほどでもないけど、
(アニメは絵だけはたくさん描かなくては行けないので)演出の余り方というか、
仕事のもらえなさは、エグいとおもいます。
 一体、元ジブリという肩書の演出家がこの数年でどれだけアニメ界に登場したことか
(演出家の名前は意図的にあげませんが、ザムドにガルガンティアです)
これは、多分宮崎さんと鈴木さんとで露骨には、やってないでしょうが、
結果、意図的に若い演出家にジブリとして仕事を与えないふうになってしまったのだと
おもいます。
 それに、若手も、企画会議とかで、宮崎さんをグーの音が出ないくらい論破してまで仕事をもぎ取る人は
いないでしょう。(それぐらいの覇気がなければどうするんだと、前宮崎さんは発言してましたが)
結果、居づらくなってか、だれでも、自分のオリジナルアニメは
一本ぐらい作りたいし、企画は持ってます。ので出てしまうのだとおもいます。
 高畑さんが復活したのも大きいのですが、
(今まで、なにをしていたのか、知りたいぐらい)
今後ジブリがどんな方向に向かうか大変興味があります。

 で、宮崎さんは、僕は自由です発言どおり、多分、(鈴木さんから)なんの抑圧も受けない形で、
ショート・フィルム作ったり、自然と子どもたちと携わる活動とかしていくんじゃないでしょうかね?。
わからないけど、
 逆に、私たちファンをあっと言わせるぐらいのサプライズなことを
映像でも、実働でもやってほしいものです。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

キルラキル #6



キルラキル #6

 四天王からどんどん対戦に登場しますね。
剣道ネタはくるだろうと、思っていましたが、
面、胴、小手の連呼は笑ってしまいました。それも、超高速。
 ちなみに、告知でも面、胴、小手の連呼、すごいな、、声優さんって。
 もう一つ、ちなみに声優さんは、檜山修之。
 今回は、剣道の防具ということでロボットっぽいデザインでしたが、
(パワードスーツですね)
ロボットが出ないぶん、よりラブコメ以前の、70年代から80年代中期までの
スポ根学園モノ、番長学園もの、ティストが全面に出ている気がします。
 もともと、今石&中島のコンビはこっちにもたれてて
かろうじてロボットがでてるぐらいだったので、
モロに地が出ているのかもしれませんが、、。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

『達人伝~9万里を風に乗り~』



「達人伝」
王欣太

 先日、一巻と二巻同時発売で刊行となった王欣太だ。
私は、この人の、「蒼天航路」にやられまくったので本当は、
そっちのほうを書きたいのだが、終わってしまったものは、しょうがない。
 あれだけ、人気があったら、曹操が死んだ後も、連載が続くかなぁなんて、密かに
思っていたのだが、すぱっと終わってしまった。戦場で死なず、すぱっと死んでしまった
曹操みたいである。

 書きだすと、長々となるので、一点だけ、よく漫画の材料にも三国志はなってきた。
私も、娯楽の基礎教養としてある程度知っているつもりだったけど『蒼天航路』と出会い、
改めて、三国志をいろんな媒体で調べなおし、読んだ。で、どこが新しいのかとか、
どこが、漫画での新アイデアとか、発見するのが、とてもおもしろかったし、王欣太を敬服した。
どの程度、最初についていた中国人のアイデアなのかは、委細わからないが、
 妙に武将の一騎打ちが多かったり、見え見えの策がまかり通ったりする芝居っぽい作品を
ハードにリアルに描いたものだと思う。
 基本は、三国志正史を元にしていると思う。
 
 で、モーニングでの連載終了後、「ReMenber」がスタート。戦後の混乱期を舞台にした作品だったが
連載の続きぐわいが、面白さに直結する日本のマンガ業界。
 正直、盛り上がらないまま。終わってしまった。
「モーニング」はけっこう少年誌や青年誌に比べると終わりそうでも、続けてくれたりするのだが、
まぁ、推して知るべしである。

 で、その後、どうなっているのか、全くわからなかったのだが、アクションで連載していたようだ。
講談社からは、双葉社は、若干格下げ感はあるけど、多分その分、自由に描けると思う。
 
 今度は、キングダムなどと同じ、春秋戦国時代を取り扱っている。
荘丹が主人公。王欣太にはなくてはならない食事と料理シーンもたっぷりあり、
 どのへんが史実でどのへんがプラスαされているのかは、全然予備知識がないので、
知りえないが、小さいところから始まり、歴史のうねりで『蒼天航路』の時と同じ、
破格の人物が多数出てきそうである。

 いや、どっちかというと、出てきてほしい。

 まだ、二巻だが、今のところは、「Remenber」よりは、おもしろいという感じかな、、。
これから、これから、、。

キルラキル #5



 流子と鬼龍院だけの戦いに終わらず、
ここにきて、第三勢力の登場。
 すしおさんの作画というか、すしおさんティストの
キャラ全開です。

 反制服組織。相変わらず、ネーミングセンスがいいです。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
manga
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。