2014年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペース☆ダンディ 現在、番宣かねて放送中。




 実は、スペースダンディのseason2が決まっているそうで、その番宣も兼ねて、。
超真夜中にかためて放送されています。
 こうやって見ると、意外と面白いな、、。
わりと、けなして書いてごめんね、、。信一郎さんのスペースオペラってことで
期待しすぎたのかな、、。
これ、意図的にやっているだろうと、思うんだけど、作画というか、画風に
ばらつきがあって、逆に面白い。
 また、スタッフがえググて、純文学の雑誌にまで書いたりしているSF作家円城塔まで
参加してます。
 その回みたんだけど、図書館ネタだったんだけど、もうひとつ、円城塔の
良さ生かせてなかった、、。なんか、ばらつきがあるんですね、。
信一郎さんの植物の回は面白かった。
スポンサーサイト

アニメ版、「シドニアの騎士」が、終わっちゃう。




 そろそろ春アニメの終わりの季節がやってきているのだが、
なんか、やけにもりあげているな、、とお持ったら
アニメ版「シドニアの騎士」も12話で終わりらしい。

 びえーん。
 
 全体の絵柄が白くなったコミック版に比べるとアニメのほうは、
緑で統一され全体的にライティングもダーク。内容もダーク。
すこし雰囲気が変わったような気がする。
コミック読んで、アニメ見て比べようと思っていたのに、、。少し残念な気がする。

あんまり、最近見れていない「キャプテン・アース」



 それと、最近あんまり記事書いていないので、わかると思うけど、
キャプテンアースは私の中で、失速気味。 
見なくては、と、思っておるのですが、、。
 

惡の華 最終巻 11巻が出た。

 惡の華の最終巻の発売はどうなっているんだ!?。

と、思ったら、もう出てる、、。



9,10巻と読んできたのだが、群馬(らしい)にもどった後、
情報を得て、佐伯さんに会いに、千葉の海岸に行く春日。

佐伯さんが働いているという食堂でばったり出会うところで、10巻は終わっている。
うーん、やっぱりか、、という印象は、強いが、
これで、最終巻に引っ張るなんて、引きが強すぎる。  

機動戦士ガンダム ユニコーン vol5,6






機動戦士ガンダムユニコーン vol5,6

バンシーに乗っていたのは、改造されちゃったマリーダさんでした。
ちょっと考えればすぐわかるわけですけど、、。
人をあんな風にコントロールするのは、マジで、ちょっと可愛そう、、。CVは今までかっちょいい女性の声を多く
あててる甲斐田さん。どんなふうにとりとん吉での戦いが収束したのか、わかんないけど、
ユニコーンとバナージュは連邦というか、AE社の元へ、、。
 これですべてのガンダムシリーズに出演していることになるのか、ブライト・ノアが
より多く登場。ブライト・ノアの声優が鈴置さんから変わっていることにこの作品で気づいた私。
 一応、似せて演じていますね、、。

 重力からの離脱というか、宇宙(そら)への帰還は全ガンダム作品いつも大事になるのですが、
今回も、変形MSとMSのサブフライトシステムを利用した、MSでの空中戦はかっこいいですね。
そして、ガルダでのガンダム同士の戦いも、、。絵コンテ的には、めちゃめちゃ
しびれました。(が、この5あたりからメカ作画に中田の名前がクレジットにないんですね)
 マリーダさんのガンダムに搭乗しての精神的苦悩はやっぱりフォウですね。
バンシーもへんてこりんな武器ばっかりであんまり獅子って感じもしないのですが、、。

 あのユニコーンでのワイヤー支えというか、引っ張り演出は
逆襲のシャアを思わせるのですが、、。少しやり過ぎな感じで私的には興ざめ。
 あくまでも、ハードSFで理詰めでやって欲しかったな、、。

 絵的ですが、時間も経てるとはおもいますが、キャラ作画がvol1に比べるとシャープに
なってきた気がします。より安彦さん色より高橋久美子色が出てきた感じ、、。
特に、目の細い大人のキャラが出るとそうおもいます。

 vol6

 宇宙では、共闘することになる、袖付きとネェル・アーガマ。シナンジュ
が大暴れし、シャアも乗艦。このへんで、ラプラスのはこの最後の在処もわかり
シャアのあっ違った、フロンタルの理屈が面白かったですね。地球を捨てろと、、。
この辺、福井のアイデアなんですかね?。実際、地球圏で地球レスというか、
月の鉱物資源だけで人間がやっていけるのか、私には、科学的考証は一切わかりませんが
SFとしてはめちゃめちゃおもしろいし、今まで基本ダメでも、衆愚でも連邦サイドから
やっぱり愚かな一般大衆として、見ちゃうんですね。
 ミネバとも考えが一致せず、ここからは、競争だといって逃げちゃうところも
やっぱりシャアですね。この男は、、。
 旧ジオン勢力の人たちの考えも微妙ですね、、。フロンタルよりやっぱりザビ家の
血を引くミネバなのでしょうかね?。
 そう描かれていることに微妙な感慨を持つ私。
上記の考えを政治的考えにしなかったことが、今までのスペースノイドの
過ちだったといったシャア、このひとが一番ジオン・ズム・ダイクンの
御曹司であることを一作の映画を除き一切利用してません。
旗頭どころか、器どころか、アンジェロ一人熱烈に従えるのでなく
そうとうな政治勢力になれると思うのですが、、。

 このあと、フル装備で出撃したユニコーンに、フツーの武器に変わりつつある
リディの乗ったバンシー。(リディってNTなの?)そして、ジンネマンの前で少しだけ出てきたジオング。

 もう6作も見ると、このハイクオリティ、
多分日本で制作される全アニメの中でいちばん画力が上のアニメに慣れてきました。
ぱっと見分けが付くように、、。動かない堅物は(艦船、車)
ほぼ全部3DCGで、意図的に奥行きにカメラが動くカットにしてありますね。
人は、ほぼフル作画。コックピットの回り込みとか、”あたり”をつけるCGを
起こしてから、作画してるかもです。
 専門というか、一番気に入っているMS作画ですが、NTDが発動して立ち姿勢のまま
変形するときは、3DCGですね。戦闘中でのMSは破壊ポリゴンには割ってない感じです。
 この5,6あたりからは、メカ作監に中田の名前がないですね、、。
 
 とはいえ、この本当に作画はすごい!。
メカ作監の玄馬にキャラ作監の高橋久美子!!。
 次、どんな仕事をするのか、マジで楽しみです。

機動戦士ガンダムユニコーン vol3~4




機動戦士ガンダム ユニコーンVOL3~4

 Vol2ラスト、ミネバに地上へ行こうという、リディの発言はかっこよかったですね。
少ししびれました。ただ、こえは、ドラマ上の演出で本来の軍隊だと、この行為は、敵前逃亡で銃殺です。
なんて呼べば、いいんでしょうかね、袖付き!?、ネオ・ジオン?ジオン側に囚われの身に
なったバナージュ、いとも簡単にユニコーンとともにパラオ作戦に乗じて脱出。
最高機密平気とその唯一の搭乗者にしては、少し監視が軽過ぎでしょう、、。
 ユニコーンによりクシャトリアがいとも簡単に破壊、、かつ鹵獲。

 大気圏すれすれでの戦いは、割と簡単に収束。
この辺も、過去のガンダム作品のオマージュというか、パクリというか、
もうちょっと緊迫感を煽っても良かったような気もしますが、、。
 私が、見逃したのかも、しれませんが、ユニコーンはどうやって大気圏を突破したのですか。
なんか、コックピットのモニターにちらっとなにか写ってましたが、あれ、グランシエール!?。
まぁ、いいでしょう。
画的には、もうたっぷり書いたので、あんまり書くことがないのですが、
少しだけ、絵コンテですが、監督の古橋が切っているのはもちろん、メカ作監の
玄馬も、クレジットされています。多分MSの戦闘シーンを担当しているのでしょう。
中田が参加している割に、板野サーカス的な演出が少ないのは、そのせいかな?。
ただ、わたし的には、MSの動きは、こうでなくっちゃというか、
こういう本当のロボットが動いている風な演出は大歓迎です。
 後、最近は、見慣れてたのか、ユニコーンが立ちシーンで3DCGで描かれている場面
は、3DCGっだって気付くようになってきました。あと、艦船関係は、全部トゥーンレンダリングで
3DCGですね。

vol4

 舞台は、地上へ、、。

 なにがあったのかよくわからないけど、不時着して、埋まってしまった、グランシェール。
しかし、このグランシェールももうちょっと大気圏突入可能な形というか、(ザンジバルの派生系という設定でしょうが)
重力圏内で飛行可能な形にしてもらわないと、、。反重力エンジンなんですかね。
キャプテンとバナージュが砂漠を踏破して救援へ。
 このへんも、ファーストのアムロを思わせます。とにかく、一本だけ続く、宇宙世紀
シリーズの全財産を使い切る覚悟で制作されているみたいです。
 でっかい、MAが出るのは、知ってましたが、ここで出るとは、
 このメガ粒子砲の発射のシークエンスも、カトキ・デザインの
ガンダム・センチネルのゾディアックを思わせます。
 しかし、戦争が終わって、かなり経つというのに、ジオンの残党はたくさんいるんですね、、。強化人間の設定はZガンダムでの
ロザミアとかフォウとかは覚えているのですが、プル・ツーがどんなかんじだったか、
ZZガンダムは、お笑いに徹した事に気づいたところで見るのをやめてしまったので
もうひとつよくわからない。量産型キュベレイでたくさん強化人間が暴れていたのでしょうか、、?。
連邦サイドに囚われちゃったマリーダさんが大変なことになっています。
 このvol4でのトリトン基地(懐かし0083でしたかそれとも、ポケットの、、)攻撃で昔のというか、
かわったMSV系のMSがいっぱい出てくるんですね、、。vol3でのドライセンどころじゃない。
ゾゴックなんて、動くの初めて見ましたよ、、。しかしザクキャノンとか、作品内での設定でも、
20年ぐらい前のMSが対戦しているわけで、力の差がもっと出るような気もしますが、
今の超素晴らしい作画によって、当時のMSが描かれているだけで、ファースト世代は、(再放送世代ですが)
感謝感激です。イフリートも出てたでしょ。ちょっとやり過ぎの感もあるけど、
 もうガンダムの全財産を使い切るつもりらしい。

 いろいろ、あったところで、空中から、黒いガンダム、バンシーが降臨。
誰が乗っているんでしょうね、、。(マジで知らない私)
 この黒いガンダムもZガンダムのオマージュ。Z場合、正確に青いガンダムでしたが、、。

 今作、どのへんが福井晴敏の小説でのアイデアでどこからが、監督の古橋、
または、脚本家のアイデアなのか全くわかりませんが、かっちょいいセリフや
思想が盛り沢山です。
 前にも書きましたが、S・コロニーへの移住計画が増えすぎた人口の棄民政策
であることをこれほど全面に持ってきたこともなかったし、バナージュが父親から
人間だけが、神を持つと言われるところや、これだけ戦争を描いてきたアニメにおい
て正しい戦争なんて、ない、と言い切る場面。
パラオでマリーダさんにバナージュがスペースノイドのDCからUCに変わってからの
信仰の対象の説明を受けるシーンなどSFとしてよく出来ているとおもいます。
 不満を上げるとしたら、フル・フロンタルですね、、。
自分はスペースノイドにとっての器だといってましたが、シャアであるかどうかより、
シャアのセリフを真似するだけのテープ・レコーダーになっています。
ジオン側のいや、スペースノイドのリーダーである以上、
スペースノイドのあるべき思想、宇宙でも生きていかなければいけないこれからの人間の
あるべきビジョンを語ってほしいとおもいます。
そういう、あるのかな、、。vol5とか、vol6に。

 後は、一点だけ、カミーユや、アムロは、否応なく、連邦軍や、エウーゴに
入っちゃったけど、ユニコーンという最終兵器に乗りながら、連邦、ジオンどっちつかずで
4話もやってきちゃったバナージュはすごいというか、この物語の構成はすごい。
 ある意味、超兵器に乗ったワンマンアーミーで沈黙の艦隊みたい、、。
このまま、今の立ち位置をkeepして、正論でジオンも連邦も一刀両断にして欲しいですね。

機動戦士ガンダムユニコーン vol1~2




 ガンダム ユ二コーン vol1~2

 一応、2までは既に見ているんですが、MBSでのメディアミックスでの
深夜放送にハマりまた見てしまいました。
 ちなみに現在イベント上映中の7は見れていません。

 相変わらず、というか、兎に角、たっぷりのスケジュールで制作されているだけあって
画面の完成度が素晴らしい。
 いろんな、ムック本で画面作りといいますか、絵に関する制作過程なんかを紹介されているんですが、
実は、なんでもありでやってます。3DCGであたりをつけておいてデッサンが狂わないように
作画したり、トゥーンレンダリングでそのままやってたり。それぞれみわけるのが楽しかったりします。
しかし、前見た時はそれほどでもなかったけど、キャラ作監の高橋久美子さんは、安彦さんのオリジナルに
どことなくあわせているのがなんとなくわかるのですが、なんといっても、
メカ作監の玄馬産の仕事がすごすぎる。動かないUCガンダムとかCGそのまんまの
ところもあるんだけど、まぁ変に人っぽくポーズを付けずに、リアルにMSが動くさまは
今のところ、ロボットの作画としては、ピークなんじゃないでしょうか、、。
兎に角玄馬さんの仕事に賞賛しきりです。
 また、細かい演出というか、作画に手間の掛かりそうなところまで、
きっちり動かしてますね、、。バーニアの噴火炎、MSの兵器による破壊を細かく描き分けているところなど、
びっくりするほどです。
 ロボットの絵ってよくメカ作画でメカさえデッサンが狂わずに描けたら
描けるみたいにおもわれているでしょうが、
実は、人間のデッサンができていないと描けないんですね、、。
 そこをあえてロボットっぽく描いているところが好きです。
 
 又、板野サーカスの正当なる継承者、中田もチーフアニメーターぐらいで参加している
みたいですが、彼がが参加してきたままでのアニメみたいにあんまり派手に動かしてないですね、、。
 そこも、好感が持てたりする。作風が変わってしまいますから、、。

 構成というか、脚本的には、意図的にやっているのでしょうが、全ガンダムシリーズ満載の展開ですね。
フル・フロンタルのファーストのセリフ連発には、思わず笑ってしまいました。
 しかし、本来夢があるはずの宇宙移住計画を棄民政策とまでフル・フロンタルにしゃべらせ、
いかにスペース・ノイドが虐げられた人々かというのをこれほど全面に出したガンダム・シリーズは今までなかったのでは
ないでしょうか、、。
 又、脚本家のアイデアか、福井のアイデアかわかりませんが
正義の戦争なんてないと正論をぶちかますあたりにも、気に入りました。

 一度、ネットで富野作品と他のガンダムシリーズとの違いというスレを
みたことがあるのですが、その違いだけは、この作品でも如実に感じます。
なんなんでしょうね、、。あの過剰なセリフの(しかもなぜかコックピット越し)応酬は
富野さんによると本人が言っていたので間違いないのですが、
意図的にやっています。「だって絵が三枚で済むから」って
そう、作画の手間省きなのです。いろんな要素をアニメに持ち込んだ富野さんですが、
演劇的要素も持ち込んだわけです。

 これが、他の監督の作品だと、すこし上滑りしている感じがするんですね。
私もそレは感じていました。翻ってこのUCはどうか、、。

 頑張れ、古橋!!。 

機動戦士ガンダム UC

機動戦士ガンダム UCメカニック&ワールド ep1-3

機動戦士ガンダムucインサイドアニメーションワークス1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。