スポンサー広告 > 雑誌「CUT」について
アニメ関連の書籍 > 雑誌「CUT」について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「CUT」について



 ちょっと、遅いですが、表紙の庵野という文字に
ひかれて、読んでみました。
 「エヴァ」の庵野さんと「ローレライ、、」の樋口さんの
ロングインタビューが掲載されています。
秋公開のエヴァについても訊きたいところですが、それについては、
意図的に言及されておらず、
もっぱら、特撮について、、。
 庵野さんの幼少時代、小学校時代の思い出がメインで語られています。
いかに、ウルトラマンが自身に影響をあたえたかについて、。
 エヴァも、誰かが指摘していましたが、少し形の変わった怪獣と
ウルトラマン形式のロボットに乗って戦うというのが、大元のネタなので
いかに、自身がテレビから得た(テレビというヴァーチャルなものについても
よく語っていました)幼いころの思い出に忠実に作っているかわかります。

 樋口さんのほうですが、
自身の特撮映画についての思い入れが熱く語られています。
庵野も自分も、特撮全盛期の人間ではないといっているのが、
印象的。
 逆に、CGを取り入れた特殊効果で特撮映画の息の根を止めた
責任があると庵野産に指摘されたというのが、面白い。
 また、樋口さん自身は、特撮ど・ストレートの作品より
普通の生活の中の特撮。みたいなものに、ひかれるみたいですね。
ゴジラなんかの怪獣映画より、「日本沈没」(オリジナル) 
スターウォーズより、未知との遭遇となるって言っていました。
 でも、スターウォーズは、プラモデルのパーツを張った外観で
ぺたーっとした日本のミニチュアを粉砕したので、
微妙な感情を持っているといっていました。

 ジブリの鈴木さんもいろいろ話しているんだけど、
私は、より製作サイドでない鈴木さんの立ち位置があんまり好きでないので、
省きます。(プロデューサーってそういうもの)

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。