スポンサー広告 > 宮崎駿の引退宣言とジブリのこれから
アニメ映画 > 宮崎駿の引退宣言とジブリのこれから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿の引退宣言とジブリのこれから



 まだ、シネコンでも公開されているんですよ。「風立ちぬ」
夏休み作品が、もう11月ですよ。恐るべし、宮崎駿パワー。というか、
引退宣言がブースターの役割を果たしていると思いますが。
で、そのころ予告編でやってたのが、高畑勲さんの「かぐや姫」まさか、
同時公開になるとは、想像しませんでしたが、
 ずーっとジブリ作品でロマンアルバムが出ているのですが、
出ました。「風立ちぬ」も、、。公開ちょっと遅れぐらいで出てますが。
なんか、最近はやたら、ジブリ関係が文藝春秋からでるから、徳間書店とは、
もう資本関係というか、提携が切れたのかと思っていたのですが、
一応、徳間書店から出ています。(徳間書店って準大手で弱い立場なのにがんばれ、徳間書店)
 宮崎さんは、監督とはいえ、全カットほぼ目を通して修正しています自分で。
こんな作り方をしているアニメ監督は日本には居ません。
早い話、youtubeやnico動で作られている個人制作による自主制作アニメと同じなのです。
彩色だけは、自分でやっていないかな?。
 その尺が二時間になっていると思ってもらえればいいです。
けど、このロマンアルバムだと作画監督の方のコメントなど面白かったです。
 ジブリの作品も絵の部分も実は若干変化しています。
昔は、やたら、シンプルな線の割にデッサンの効いた絵をしていましたが、
最近は、そうでもない、、。
 画力なら京都アニメのほうが、上とか、ネットで言われているぐらい。
ジブリについても、書きだすと止まらくなるので、自粛。
 引退宣言の、僕は自由です。宮崎さんは言ってましたが、二時間ものの商業映画
からは、開放、いや、鈴木プロデューサーからは開放されたという意味です。
二時間の商業映画だと企画の段階でいろいろ宮崎さんなりに妥協しているので、鈴木さんが潰した企画
いとたくさんです。 
 今回の「風立ちぬ」も、これ、モデルグラフィックスという模型雑誌で
宮崎さんが極私的に連載していたものを鈴木さんがひっぱってきたっぽい。(未確認情報だけど)
 多分宮崎さんは、反対だったと思う。その証拠にこの原作の連載は、単行本化すらされていない。
一応、毎月、私も必死で雑誌の連載を追ってたけど、完結はしたのかな、、。
 連載時は、ゼロ戦の設計者の堀越さんと堀辰雄というか、結核を患った女性との
恋愛の関係性がもう一つよくわからなかった。
映画のほうでは、綺麗に合致されていて、よくわかりますが、
原作の漫画は、映画ほど合致して描かれていませんでした。
前にも書いたけど、模型誌で仕事すると黒宮崎になるのです。
 それに、ミリオタなのはわかりますが、さり気なく、映画に反映させているだけで、
こんなに正面から戦闘機の設計者を取り上げるのは、潜在的左翼で平和主義のの宮崎さんは
絶対、戸惑いというか、躊躇はあったと思う。
 しかし、自分の好きな戦闘機というより飛行機。また、自分が最も好きな
WW1とWW2の航空機を描けるとあって、腹はくくったとおもいます。
 どう批判されても耐えるというか、持ちこたえるというか、、
また、そういう作品にしようとは思ったと思う。
 実際右翼的だと韓国や中国のメディアというか、批評家から意見があったでしょ。
 
 それに、随分前からジブリシニアだか、シニアジブリだか、立ち上げるって
言ってましたから、やめる気は満々なのです。

 スタジオジブリそのものも、もうみんな気づいているけど、はっきり言って
上がつかえてる。作画はそれほどでもないけど、
(アニメは絵だけはたくさん描かなくては行けないので)演出の余り方というか、
仕事のもらえなさは、エグいとおもいます。
 一体、元ジブリという肩書の演出家がこの数年でどれだけアニメ界に登場したことか
(演出家の名前は意図的にあげませんが、ザムドにガルガンティアです)
これは、多分宮崎さんと鈴木さんとで露骨には、やってないでしょうが、
結果、意図的に若い演出家にジブリとして仕事を与えないふうになってしまったのだと
おもいます。
 それに、若手も、企画会議とかで、宮崎さんをグーの音が出ないくらい論破してまで仕事をもぎ取る人は
いないでしょう。(それぐらいの覇気がなければどうするんだと、前宮崎さんは発言してましたが)
結果、居づらくなってか、だれでも、自分のオリジナルアニメは
一本ぐらい作りたいし、企画は持ってます。ので出てしまうのだとおもいます。
 高畑さんが復活したのも大きいのですが、
(今まで、なにをしていたのか、知りたいぐらい)
今後ジブリがどんな方向に向かうか大変興味があります。

 で、宮崎さんは、僕は自由です発言どおり、多分、(鈴木さんから)なんの抑圧も受けない形で、
ショート・フィルム作ったり、自然と子どもたちと携わる活動とかしていくんじゃないでしょうかね?。
わからないけど、
 逆に、私たちファンをあっと言わせるぐらいのサプライズなことを
映像でも、実働でもやってほしいものです。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。