スポンサー広告 > 雑誌 ムック? 『アニメスタイル』がすごい、惡の華の制作特集だ。
アニメ関連の書籍 > 雑誌 ムック? 『アニメスタイル』がすごい、惡の華の制作特集だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌 ムック? 『アニメスタイル』がすごい、惡の華の制作特集だ。



 前にも、ちょこっと、書いたかもしんないけど、アニメスタイルっていう雑誌か、ムック
がありまして、これが、すごい。「大人のアニメ」とか、ちょこちょこ隙間産業でやっているんだけど、
バブルの前は、outとか、アニメックとか、いろいろありましたが、全部廃刊。
で、生き残ったのは、どメジャーなのは「アニメディア」に「アニメージュ」「ニューータイプ」
 の三誌。で、だいたいおんなじ作りになっていて昔ニュータイプが出た頃は、
結構変わった作りだったんだけど、だいぶ、先行雑誌に似てきた。
 グラビアは新しいアニメの特集か、(なにせ、各seasonごとに新作がわんさか作られる)
人気アニメの作画監督さんに、見開きのでっかいセル画(今は、死語)多分、photoshopで
一発出しなのでしょう。キャラをメインにしたつくりで描いてもらいって感じ。
 割りと突っ込んだ内容なのは、newtypeの小さい記事か、アニメージュの
白黒のパート。

 ところが、このアニメスタイルは、独自路線で徹底的にこの路線を逸脱している。
百パーとはいかないが、かなりの制作者寄りの路線で、
 人気キャラ投票とか一切ない。

 前置きがどんどん長くなっていますが、書きたかったのは、今回のというか、
デてからだいぶ経つんだけど、制作では「惡の華」を特集していまして、

 もちろん、例によって例のロトスコープです。
やっぱり私は正しかったというか、これは、ロトスコープじゃない。
真のリアルアニメを追求した結果なのです。兎に角、このムックを読んでいただくのが
一番はやいのですが、ロトスコープを追求するために、苦労したのでなく、
意図的にカクカク動かし、影までオミットさせたのは、
この微妙なこのアニメならではの風合いを醸し出すためだったということがいいたいのです。
そして、単純に動画を静止画に落としこむだけでなく、作画参考用にいかに腐心されて
いろいろ下準備がなされていたかも、紹介されています。
 後、作画の段階でどの辺の線が捨てられているかも、、。
 もう一つ、美術さん用に、各カット、人物を完全に排したから絵というべき、
背景だけのカットも同ポジで撮っているらしい。
一言、すごい。
 一つのリアルアニメの方向性として、この手法は確立されるべきだぐらいの
確信犯で制作されていたみたいですね。
 
 このインタビュー読む限り、続編はないみたいですが、、。

 それぐらい、制作は大変だったらしいです。

アニメ版 惡の華の記事へ暴走して書いていますので。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。