スポンサー広告 > 機動戦士ガンダムユニコーン vol3~4
アニメの画集 > 機動戦士ガンダムユニコーン vol3~4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムユニコーン vol3~4




機動戦士ガンダム ユニコーンVOL3~4

 Vol2ラスト、ミネバに地上へ行こうという、リディの発言はかっこよかったですね。
少ししびれました。ただ、こえは、ドラマ上の演出で本来の軍隊だと、この行為は、敵前逃亡で銃殺です。
なんて呼べば、いいんでしょうかね、袖付き!?、ネオ・ジオン?ジオン側に囚われの身に
なったバナージュ、いとも簡単にユニコーンとともにパラオ作戦に乗じて脱出。
最高機密平気とその唯一の搭乗者にしては、少し監視が軽過ぎでしょう、、。
 ユニコーンによりクシャトリアがいとも簡単に破壊、、かつ鹵獲。

 大気圏すれすれでの戦いは、割と簡単に収束。
この辺も、過去のガンダム作品のオマージュというか、パクリというか、
もうちょっと緊迫感を煽っても良かったような気もしますが、、。
 私が、見逃したのかも、しれませんが、ユニコーンはどうやって大気圏を突破したのですか。
なんか、コックピットのモニターにちらっとなにか写ってましたが、あれ、グランシエール!?。
まぁ、いいでしょう。
画的には、もうたっぷり書いたので、あんまり書くことがないのですが、
少しだけ、絵コンテですが、監督の古橋が切っているのはもちろん、メカ作監の
玄馬も、クレジットされています。多分MSの戦闘シーンを担当しているのでしょう。
中田が参加している割に、板野サーカス的な演出が少ないのは、そのせいかな?。
ただ、わたし的には、MSの動きは、こうでなくっちゃというか、
こういう本当のロボットが動いている風な演出は大歓迎です。
 後、最近は、見慣れてたのか、ユニコーンが立ちシーンで3DCGで描かれている場面
は、3DCGっだって気付くようになってきました。あと、艦船関係は、全部トゥーンレンダリングで
3DCGですね。

vol4

 舞台は、地上へ、、。

 なにがあったのかよくわからないけど、不時着して、埋まってしまった、グランシェール。
しかし、このグランシェールももうちょっと大気圏突入可能な形というか、(ザンジバルの派生系という設定でしょうが)
重力圏内で飛行可能な形にしてもらわないと、、。反重力エンジンなんですかね。
キャプテンとバナージュが砂漠を踏破して救援へ。
 このへんも、ファーストのアムロを思わせます。とにかく、一本だけ続く、宇宙世紀
シリーズの全財産を使い切る覚悟で制作されているみたいです。
 でっかい、MAが出るのは、知ってましたが、ここで出るとは、
 このメガ粒子砲の発射のシークエンスも、カトキ・デザインの
ガンダム・センチネルのゾディアックを思わせます。
 しかし、戦争が終わって、かなり経つというのに、ジオンの残党はたくさんいるんですね、、。強化人間の設定はZガンダムでの
ロザミアとかフォウとかは覚えているのですが、プル・ツーがどんなかんじだったか、
ZZガンダムは、お笑いに徹した事に気づいたところで見るのをやめてしまったので
もうひとつよくわからない。量産型キュベレイでたくさん強化人間が暴れていたのでしょうか、、?。
連邦サイドに囚われちゃったマリーダさんが大変なことになっています。
 このvol4でのトリトン基地(懐かし0083でしたかそれとも、ポケットの、、)攻撃で昔のというか、
かわったMSV系のMSがいっぱい出てくるんですね、、。vol3でのドライセンどころじゃない。
ゾゴックなんて、動くの初めて見ましたよ、、。しかしザクキャノンとか、作品内での設定でも、
20年ぐらい前のMSが対戦しているわけで、力の差がもっと出るような気もしますが、
今の超素晴らしい作画によって、当時のMSが描かれているだけで、ファースト世代は、(再放送世代ですが)
感謝感激です。イフリートも出てたでしょ。ちょっとやり過ぎの感もあるけど、
 もうガンダムの全財産を使い切るつもりらしい。

 いろいろ、あったところで、空中から、黒いガンダム、バンシーが降臨。
誰が乗っているんでしょうね、、。(マジで知らない私)
 この黒いガンダムもZガンダムのオマージュ。Z場合、正確に青いガンダムでしたが、、。

 今作、どのへんが福井晴敏の小説でのアイデアでどこからが、監督の古橋、
または、脚本家のアイデアなのか全くわかりませんが、かっちょいいセリフや
思想が盛り沢山です。
 前にも書きましたが、S・コロニーへの移住計画が増えすぎた人口の棄民政策
であることをこれほど全面に持ってきたこともなかったし、バナージュが父親から
人間だけが、神を持つと言われるところや、これだけ戦争を描いてきたアニメにおい
て正しい戦争なんて、ない、と言い切る場面。
パラオでマリーダさんにバナージュがスペースノイドのDCからUCに変わってからの
信仰の対象の説明を受けるシーンなどSFとしてよく出来ているとおもいます。
 不満を上げるとしたら、フル・フロンタルですね、、。
自分はスペースノイドにとっての器だといってましたが、シャアであるかどうかより、
シャアのセリフを真似するだけのテープ・レコーダーになっています。
ジオン側のいや、スペースノイドのリーダーである以上、
スペースノイドのあるべき思想、宇宙でも生きていかなければいけないこれからの人間の
あるべきビジョンを語ってほしいとおもいます。
そういう、あるのかな、、。vol5とか、vol6に。

 後は、一点だけ、カミーユや、アムロは、否応なく、連邦軍や、エウーゴに
入っちゃったけど、ユニコーンという最終兵器に乗りながら、連邦、ジオンどっちつかずで
4話もやってきちゃったバナージュはすごいというか、この物語の構成はすごい。
 ある意味、超兵器に乗ったワンマンアーミーで沈黙の艦隊みたい、、。
このまま、今の立ち位置をkeepして、正論でジオンも連邦も一刀両断にして欲しいですね。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。