スポンサー広告 > 惡の華 11巻 最終巻
コミック > 惡の華 11巻 最終巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惡の華 11巻 最終巻



「惡の華」11巻 最終巻読了。

(ネタバレ)
 最終話だけは、連載で読んでいたんですね、、だから、どうつながるのか、
みたいな感じだったんですけど、、、。
 千葉(おそらく)の母方に引き取られた仲村さんと再会。今は、落ち着いているという仲村さん。
海岸でザ・青春を繰り広げ、、。


 やはり、最終話、仲村さんの精神世界へ入っていきます。
これこそが、この漫画のテーマだから、この誰もが、少しは持っている変態というキーワードにどれだけ、
この二人がいや、登場人物たちが固執して、悩み、問題行動を起こしてきたことか。
そして、、、。

 やっぱりここに戻るというか、このテーマだと究極の自分探しというか、
原点回帰になるのは、いた仕方ないと思う。
 まぁ、正直落ち着くところに落ち着いたか、ッて感じで、こうやってみんな
青春を経て大人になっていくんですよ。
 作者も、えらい悩んだんだと思う。ピークとしては、中学編にあって
そこから何事もなかったかのようにはすまないものの、、。結局済ましているわけで。
 究極は行っちゃってしまうか、完全に帰ってくるか、になると思う。

 押見の今後の活躍にマジで期待。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。