スポンサー広告 > ギガントマキア 1巻
コミック > ギガントマキア 1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギガントマキア 1巻



「ギガントマキア」三浦建太郎

 三浦建太郎、二十数年ぶりの新作とかで騒がれておりますが、読んでみました。
ベルセルクも、ファンタジー色の強い作品ではあるのですが、
それをより強くした感じですね。ずばりハイパーファンタジー。
 ただ、ベルセルクから、かなりかけ離れているかというと
そうでもなくて、肉体同士の戦い、生物めいたいきもの、巨大化と
三浦建太郎自身が持ちえていた、要素はそのまま過剰に反映されている気がしました。
 あと、コミック・リリーフもベルセルクより過剰。

 白泉社のアニマルってちゃんとよめていないのですが、
ベルセルクも連載終わっていないんですよね、、。
たしか、、。
 ちょっと船をだして海洋編にんまってから、勢いがなくなってきたかな、、って
思っていたのですが、これ、同時連載だったのでしょうか?もしか、描きおろし?。
 こういうのを描いておきたかったと本人は言っているみたいですが、、、。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。