スポンサー広告 > 「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了。
アニメ > 「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了。




「アルドノア・ゼロ」第一期放送終了

 ついに終わりましたね、、。一応第一期終了です。
来年の1月から第二期が放送されるのですが、すごい終わり方でしたね、、。

 この夏アニメ、アルジェヴォルンとか、キャプテンアースとか、
ロボットアニメがいっぱいで、喜んでみていたのですが、
結局、最後まで残ったというか、一番面白かったのは、この「アルドノアゼロ」でした。 
虚淵マジックにハマっていました。
 火星だと、地球に対して重力がどうのこうので、身長が低くなるってハードSF
でいっていますが、それは、おいておきましょう。とにかく宇宙から、攻めてきた侵略物の
ロボットアニメだということで、軽く流しておきましょう。

 脚本がいいですね、、。各話すこしづつといいますか、一捻りされた結果、相手を
倒せたり、裏切り者というか、実はというネタがちょこちょこあったり、、。
 キャラ設定も、もう二三年になりますが、二人でキャラを起こしていて、
最初は、眠たげな目がちょっと、、、と思っていたのですが。
(実は、これはやりなんですよね、、。誰から始めたのか、知りませんが、オノ・ナツメとか、
上まぶたを意識してキャラを描くの。

 出渕さんが、ロボットアニメっ定点観測か、ロードムーヴィーっていっていましたが、
虚淵が描く純正のロボットアニメということで、一応、ロード・ムーヴィー型です。
その乗り物が次々変わるのもまぁ、良かった。

 脚本というか、キャラ立てで面白かったのは、姫様より主人公の伊奈帆くん。
(最初、稲穂って書くものだと思ってた)
めっちゃクールで殆ど感情を出さない。冷静沈着で頭脳でテキパキやってく。
しかも、自分から危険なところにも飛び込んでく。(特にラスト二話)
主人公が、絶叫しながら瞬間的なパワーで敵を凌駕して倒すスポ根物も
引ずっている日本のアニメと真逆のキャラです。

虚淵も、最近名前を聞かない時期が無いですが、ゲームソフトから始まり、
これで一周したんじゃないですかね、、。ロボット物は、ガルガンティアと重なりましたが、、。

アルドノアゼロのほうですが 最後はすごいことになりましたね、、。

 まるで、NHKでやってた、TVドラマシャーロックや24みたいです。

多分、大丈夫だと思いますが、、。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。