コミック > 長歌行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長歌行



「長歌行」
夏達・著

 丁度、読んだウルトラジャンプが、本書の連載第一回だったので
ずーっと目をつけていました。
 中国の歴史マンガです。著者は、中国人女性。
名前はシャア・タァって発音するそうです。
 しかも、このかた、美しすぎる漫画家としても
話題になった方で、別の面でもいろいろとさわがれそうです。

 唐の時代、二代皇帝(実質一代目みたいなもんですが、)李世民に
家族を殺され追われる活発なお姫さんのお話。
 普通、李世民って親父をクーデターでおいやったとはいえ、
破格の英雄として描かれることが多いのですが、
本書では、適役。
 現地というか、中華圏では、どういう評価されている人物なんでしょう?
親父をクーデターでおいやったということで、儒教社会では許されないのかな?

 まぁ、それは、さておき、本書、中国人が書いているということ
をまったく知らなくても、読んでもすごいと思う。
 絵もうまいし、構成もすごい。
本書、よくある古典をベースにしたものか、、どの辺りが著者の創作なのか、
歴史的知識にかける私には、まったくわかりませんが、構成力も相当なものです。
シャープな絵が日本人の最近の漫画家には
ない鋭さをもっています。なんでしょうね?
ベースは、BDとも違う、純粋なる日本漫画なんだけれど、とにかく、絵が鋭い。
多分、これは、著者の特性だと思います。
 まぁ、復讐譚になることは、冒頭より予想できますが、
二巻にして展開もスピーディーでこの後、どうなるかわかりません。
 



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。