スポンサー広告 > ファイブスター物語 リブート 7
コミック > ファイブスター物語 リブート 7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイブスター物語 リブート 7



ファイブ・スター・物語
リ・ブート 7巻
永野護・著

 帯でも、大きく宣伝されているのですが、
映画「ゴシック・メイド」(以後GTM)の宣伝半分で再編集されて出版されている
ファイブ・スター・ストーリーズ(以後、FSS)」です。

 私、「重戦機エルガイム」で完全に永野護にノックアウトされた
ものなので、一応、最初は、FFSも、きっちり追いかけていたですが、
最後のほう、(別に終わったわけじゃないけど、)は、少しあやふやになっていたので、
7巻を読んでみました。

 内容は、丁度、魔導大戦のあたり
FFSの世界もこのあたりになってくると、騎士団の戦いがさらに発展して
国家間の争いになっています。
 永野のいうところの、MHの集団戦が描かれていきます。
最初、魔導とか、いうから、マジックっぽく(ファンタジックっぽく)なるのかな
って思っていましたが、意外とそうじゃないですね。
(majistickって言う言葉を使いたかったみたい)

 それと、個人的な、あれですが、読んでないと、思っていたけど、
けっこう読んでました、、。(逆に言うと、ほとんど読んでた、、)

 しかし、相変わらず、自分の世界観を最大限に出し切り、
読者を振り回しています。
付いてこれない人は、別に読まなくてもいいよという態度です。
 逆に言うと、名前の付けかたとか、世界観から、永野本人がどういうものに
興味があるのか、どんなものがすきなのか、モロ解っちゃいます。
 この人、出自のとおり、基本は、アーティスト、デザイナーなんですね、。

 ただ、連載が途中で止まり、映画GTMのほうにいっちゃったわけですが、
本巻でも、プロムナードを途中にはさんだり、
やっぱり少しぐだぐだになって連載が止まった感は十二分にします。
(ぐだぐだに、なったというより、行き詰ったか、、。)
 モロ少女漫画のプロムナードですが、
この人、絵のスタイルはかなり線が細く、少女漫画から影響を受けている。
まぁ、世界観の一つだと思ってもいいでしょう。
FSSの本筋のストーリーも、少女漫画っぽい構築のされ方をしているエピソードも多数です。
で、本業はメカデザイナーなわけで、
(本人に言わせると、すべてをデザインするデザイナーだというでしょうが、、。)
 その人が、ロボットマンガを描いているといったところでしょうか。
 後、今回、年表を細かくよみなおして気づいたのですが、
年表が若干訂正されている、、。
 時々、手を入れているようです。

 私、それほど、コアなファンではありませんが、本当のこというと、
無茶な注文ですが、GTMより、FSSのほうを映画化してほしかった、、。
FSSは、丁度一巻あたりを、
もうOVAでアニメ化されているのですが、完全に永野の手を離れた状態での
映像化です。(すくなくとも、GTMほどは、関与していない)
 まぁ、年表を見ても解るとおり、途方もない話なのですが、
ライフワークとしてぜひ取り組んだほしいですね、、。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。