スポンサー広告 > ちるらん 新撰組鎮魂歌
コミック > ちるらん 新撰組鎮魂歌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちるらん 新撰組鎮魂歌



「ちるらん 新撰組鎮魂歌」
橋本 エイジ (著), 梅村 真也 (著)

 多分、戦国時代と双璧でマンガだけでなく、小説の題材になっていると思われる、
幕末もの、それも新撰組をあつかったマンガです。
 過去から現在まで、新撰組を扱ったマンガってそれこそ、
星の数ほどあると思う。
 近年のヒット作だと、アニメだと「薄桜鬼」ですかね、
(これって、けっこうコアなファンがいて地雷になりそうなので軽く)
マンガだと、「ピース・メーカー」これも、アニメ化されましたね、あたりでしょうか、。
 
 で、この「ちるらん」 
はっきり言って、正統な、歴史マンガじゃない。
ある意味、マンガの破天荒さを全面に押し出した作品だと思う。
 そして、それが、いいほうに転化し成功している。
絵柄といい、キャラ立ち、構成といい。おもしろい。
不良・番長マンガの王道をうまく受け継ぎつつ、
歴史マンガとして再構成されていて、おもしろい。

 はっきり言えば、新撰組の人たちって完全な不良なんですよ。淀川で相撲取りの人とけんかしたり、、。
それこそ、剣のみで強いやつだけが、生き残る道を選んだ。
西部劇でいうところのガンマン。
 命の取り合いの喧嘩につぐ、喧嘩を生きた人々なのです。
その辺が、すごいやつが、どんどんすごいやつと戦い、
そのインフレでどんどん話をひっぱっていくドライブ感につながっています。
 もちろん、絵柄もいい。

 もちろん、新撰組メンバーは定番の美少年としてえがかれるのですが、
一番のキャラ立ちは、佐々木只三郎でしょうか、、。
 これは、読んでのお楽しみ。
資料があるのか、それとも製作サイドの創作か、、。
 マンガとしてうまく活かされています。
 
 新撰組って後半ぐだぐだになる傾向があるので、
(基本、負けた側についちゃったし、戦いが大きくなればなるほど、
もう剣の通用する時代じゃなかった)
芹沢さんとの、内部抗争あたりをハイライトに持ってくる傾向があるんですが、
 本書は、どうなるんでしょうね、、。
まぁ、、、日本のエンタメ・マンガって連載が続くかどうかが、すべてなので、
わかりませんが。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。