スポンサー広告 > とある飛行士への追憶
アニメ映画 > とある飛行士への追憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある飛行士への追憶




「とある飛行士への追憶」映画版です。

 メディアミックスで。、、めちゃ、めちゃ出てますから、、。
 一応映画版と記述しておきます。

 一応、元祖というか、本家は小学館のラノベだと、記憶しております。
出たときから、目をつけていました。
私、ミリオタでもあるので、いつかは、こんな作品が、ラノベに限らず、小説、マンガ
どんな媒体でもでるだろうなぁ、、と思っていました。
 ゼロ戦で何万キロも飛ぶという趣旨の作品は、佐々木譲さんの本格冒険小説は、もうあるんですよね、、、。

 二番煎じとは、いいませんが、SFっぽ仕上げに、お姫様を持ってきたところが、男性向け、
(最近は、らららとか、がががとか、言って、(小学館でしたっけ)ラノベも、マンガみたいにきちっとマーケティングをするようになってるみたいだから)

 全体としては、今まで見た風のアニメっぽい。
宮崎アニメ風だし、空中戦艦(一応、駆逐艦か、巡洋艦でしたっけ)
は、ラスト・エグザイル風。
敵の戦闘機は、スカイクロラ風。
 アニメ作家もそんなにオリジナリティないんですよ。みんなどこかでみたような、
アニメをそのまんま持ってきますから、、。
 
 まぁビジュアルは、おいておき、
なんとなく、下層民の飛行士とやんごとなききわのお姫様の胸キュンエピソードは、
ラノベを読む世代にはずっきゅんずっきゅんくると思う。
(よくわかんないけど、)
 妙に丁寧語の二人の会話は、あざとさ半分、まどろっこしさ半分、胸キュン度合い半分で
どこか、好感が持てます。
 女性が、脚本を書いていることに起因するのかもしれません。

 キャラデザが、主人公の二人だけ、妙に貞本キャラっぽいのが、気になりましたが、
なにか理由があっったのでしょうか??。

 最後に、メカのデザインですが、、敵の戦闘機と空中戦艦は、置いといて、
主人公たちが、乗る水上機がね、、、。
 リアルすぎて決してわるくは、ないんですよ、、。
でもね、、。率直に言ってもう少しかっこいいほうがいい。

リアルすぎてダサい。

 双発の水上機ってあんな感じでぽてっとしているんですが、
 海水から、水素を得るのは、アニメのトンでも原理メカとして許しますが、
フロートを翼に収納するは、どうやっても、無理。
 ミリオタで飛行機マニアの私が、いうのだから確か。
もし可能なら、WW2でもうやっています。
 それに、あの二枚の垂直尾翼も意味がもう一つわからない。
意味というか、必然性が、、。
 まぁ異世界の飛行機ということで、私たちの知っている飛行機かデザイン的に
差を出したかったのだろうけど、、、。
 あまりにも、主人公が乗るメカとしては、リアルすぎるというか、。
ケレン味がなさすぎて、少し興ざめ。
そこらあたりのアニメのメカ・デザイナーにやらせたら、すごいデザイン
の水上機をデザインすると思います。
 ちなみに、模型製作会社のハセガワから、キットが出ています。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。