スポンサー広告 > 大改革された、ファイブ・スター・ストーリーズを読み直す
コミック > 大改革された、ファイブ・スター・ストーリーズを読み直す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大改革された、ファイブ・スター・ストーリーズを読み直す



ものすごい、リニューアルした「ファイブスターストーリーズ」ですが、
はや、連載2回目。
 きっちり、読み直してみた。

 今回も、GTMの部隊編成表が掲載されているけど、
これ、中隊ナンバーは通しでやってるドイツ軍の戦車大隊の編成だから、
 みなさん、心配は要らない。

 変わった、換わった、っていうけど、
ロボットの設定を大きく見直したってことで、
 キャラに関する主線軸は、そんなにブレてないことが、
よくわかる。
 でも、まぁ年表を書き換えちゃったからね、、。

 GTMの構造とか、柔軟に動けるための関節のどうのとか、いうのは、
前号の連載で書き込んでたわけですが、
3DCGや、ロボットのプラモデル造ればすぐわかるんですが、
 早い話、腰の自由度、各関節をオフセットすることで、自由に人の用に動かす
というのを、エルガイムのHMで導入した永野。

 それを踏襲しアップデートしたのが、MH(モーターヘッド)だったわけです。
でも、不十分だった・
 しかも、そのことをGTMを作りこんでさらに進化させてしまった。
で、映画一本で終わらせるには、もったいない。
 でこうなったわけです。
HMでは、ゴムだった腰が、MHでは、細かい多重関節。それが、
GTMでは、二本の脊椎ですよ。
 そして腕は、Z型の関節。

 俺が、一番ガレージキットの売り上げを上げてるデザインを
してると豪語していた永野ですが、
 その割には、GTMのキット化が遅い気がするのは、私だけか。 
それとも、日本屈指のガレージキット製作者でも作りこめない造詣なのか!?。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。