スポンサー広告 > 言の葉の庭 新海誠
アニメ映画 > 言の葉の庭 新海誠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言の葉の庭 新海誠




 「言の葉の庭」

 この作品の監督は新海誠です。

 新海誠を知ったのは、「ほしのこえ」それも、ネットの小さい画面で予告編を見たのが
一番最初。彼のサイトから直接予告編をDLして宝物のように保存してみていました。
 しかも、この作品。たった一人で自主制作で作ったのだという。
 PCがそれを可能にしてくれたわけだが、
 アニメファンとしては、スタジオでないといや、プロでないと作れないと思われていた
アニメが1人でそれこそ、漫画を描くように出来ることを目の前に見せ付けられたのだ。
 その衝撃たるや、リアルタイムにすごした人間としては、マジですごかった。
 
 その後、スタジオとまでは、いかなくても、殆ど工房ぐらいのスタイルでアニメ映画を
製作している新海。
 どんどん、映像の美しさは、ブラッシュアップされていきました。
 
 今から、振り返ってみれば、「ほしのこえ」は一番エンタメに振った作品で
その後、SFとか、本人が影響を受けた村上作品等のテイストに近くなってきました。

 「ほしのこえ」でファンになった身としては、どんどん文学性を
かもし出すのが、少々うざったくなりだしたころ。
 殆ど、ジブリ作品といってもいい。なにも知らずに初見ならジブリ作品だと言う人が居るでしょう。
「星を追う子ども」が登場。
 新海誠も結局宮崎駿フォロワーだったことが露呈し多少がっかりし。
しかも、「星を追う子ども」は、美術のさえも、もう一つだったような気がします。
自分の中では、終わった感も少しありました。
 
 しかし、とにかく、映像の美しさ。美術に対するこだわりは、
おそらく、日本いや、全世界のアニメ界でのトップクラスいや、トップでしょう。
 レイアウトなんかも、デジカメで撮った写真をそのままレイヤーの下において
photoshopで描いていると思われるが、とにかくリアルで美しい。
 どこまでが、手で描いた美術でどこからが、3DCGで完璧なパースとデッサンの元
描いた画像か、じっくり見込まないとわからないぐらい。素晴らしい。

 これら画面の特徴は、本作でも、まったく損なわれるどころか、
さらに発展されています。
 風景美術に関しては、相変わらず、トップを走り続けていることを証明しています。
 こんなに、雨の描写にこだわったアニメ作品があったでしょうか?。
ビニール傘の透明感、その光の反射にだわった作品があったか!?。
 
 ただ、話は、、。

 私は、恋愛ものに対してもう一つ感覚が鈍いのでコメントはしませんが、。

 この映像を見るだけでも、損は無いと思います。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。