コミック

カテゴリ:コミック の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惡の華 全巻読破、現在のところ。



 惡の華 全巻読破、2013/7現在

 大人買いして、8巻まで読みました。
アニメなんて、序の口ですね、、。
家出編と仲村さんの家というか部屋訪問その後あたりをアニメはフォローしています。
コミックの方は、その後、どんどんエスカレーションしていきます。

 ネタバレになるので、書きませんが、佐伯さんとの関係も
ある意味、仲村さんの精神世界、変態関係の犯罪行為もエスカレートしていきます。
 そして、中学編のピークは、6巻の終わりになると思います。
すべてを捨てて、どこか、爽やかさまで感じさせる春日と仲村さんの二人。
 これが、二人の卒業なのか!?。

 この辺が、コミックの雑誌連載のインフレーションでは、限界だと思います。
ある意味、いい所で、ブレーキというか、ぎりぎり構成を崩壊させずに
連載を継続させ、かつ、一旦の幕引きが行われています。
 
 ここから、高校編に突入。
シンクロするかのようにここから、
コミックの装丁もびっくりするぐらい、色合いが美しくなります。
何事もなかったかのように、引越し、高校に進学し平穏に暮らす春日。
そこでの、本来イケてる組みなのになぜか文学少女である、少女との交流。
 しかし、春日自身もすべてを封印しているわけではないことが、ちらほら描かれ、、、

 漫画家さんでは、よくあることですが、連載が続くことにより、画力も後半は大幅UP。
当初はエキセントリックさで引っ張っていた感のある漫画ですが、
 高校編では、微妙な表情が描かれていて、それが怖さを醸し出しています。

 コミックの前半では、作者自身による、巻末にエッセイが載っていて、
こっちも、そうとうブラック。いや、こっちのほうが、実話なので、衝撃度は強いかも、
この作品がほぼ自身の成長譚であることが語られています。
世界観、背景なんかも、ほぼいっしょだとか。
 仲村さんの決め台詞「クソムシ」も作者自身が実在する女性に言われた言葉だとか。
 
 しかし、この漫画のコアにあるものってなんなのでしょうね。
作者もエッセイ中などで読者に再三語りかけていますが、変態ってどういうことなのでしょう。
誰だって一人ひとり、どす黒いものを腹の中には、抱えているとおもう。
それが、顕著になるのが、思春期だし、それとうまく付き合っていけるようになることが
おとなになることなのだととも思う。ということは、
そのどす黒いものを抱えて隠したまま生きているわけだから、
 本当は、おとなになるということは、よっぽど質が悪いことではないのだろうか、、。
一見常識から完全に逸脱しているかのようにみえる、仲村さんと春日くん。この二人こそ、
心のどす黒いものと懸命に戦い勝利したのか、敗北したのか、わからないが、
少なくとも、他の人々より真剣に生き戦った真の勇者たちなのではなかろうか、
その到達点が6巻のラストの爽やかさ、それこそ、神々しさまで感じさせる、二人の姿ではなかろうか、、。

 再び、中学時代をすごした場所を再訪しようとする春日。

 彼の狂騒曲は、まだ終わっていません。

惡の華 アニメ版の記事へ

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

大改革された、ファイブ・スター・ストーリーズを読み直す



ものすごい、リニューアルした「ファイブスターストーリーズ」ですが、
はや、連載2回目。
 きっちり、読み直してみた。

 今回も、GTMの部隊編成表が掲載されているけど、
これ、中隊ナンバーは通しでやってるドイツ軍の戦車大隊の編成だから、
 みなさん、心配は要らない。

 変わった、換わった、っていうけど、
ロボットの設定を大きく見直したってことで、
 キャラに関する主線軸は、そんなにブレてないことが、
よくわかる。
 でも、まぁ年表を書き換えちゃったからね、、。

 GTMの構造とか、柔軟に動けるための関節のどうのとか、いうのは、
前号の連載で書き込んでたわけですが、
3DCGや、ロボットのプラモデル造ればすぐわかるんですが、
 早い話、腰の自由度、各関節をオフセットすることで、自由に人の用に動かす
というのを、エルガイムのHMで導入した永野。

 それを踏襲しアップデートしたのが、MH(モーターヘッド)だったわけです。
でも、不十分だった・
 しかも、そのことをGTMを作りこんでさらに進化させてしまった。
で、映画一本で終わらせるには、もったいない。
 でこうなったわけです。
HMでは、ゴムだった腰が、MHでは、細かい多重関節。それが、
GTMでは、二本の脊椎ですよ。
 そして腕は、Z型の関節。

 俺が、一番ガレージキットの売り上げを上げてるデザインを
してると豪語していた永野ですが、
 その割には、GTMのキット化が遅い気がするのは、私だけか。 
それとも、日本屈指のガレージキット製作者でも作りこめない造詣なのか!?。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

サムライエース 4月号



 前回で、やっとヤマトタケルの名前が出てきましたが、
今回は、周囲へのその承認みたいな感じ。
 あんまり、話的には、進んでいませんが、
安彦さん、力をためている感じです。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
 

ちるらん 新撰組鎮魂歌



「ちるらん 新撰組鎮魂歌」
橋本 エイジ (著), 梅村 真也 (著)

 多分、戦国時代と双璧でマンガだけでなく、小説の題材になっていると思われる、
幕末もの、それも新撰組をあつかったマンガです。
 過去から現在まで、新撰組を扱ったマンガってそれこそ、
星の数ほどあると思う。
 近年のヒット作だと、アニメだと「薄桜鬼」ですかね、
(これって、けっこうコアなファンがいて地雷になりそうなので軽く)
マンガだと、「ピース・メーカー」これも、アニメ化されましたね、あたりでしょうか、。
 
 で、この「ちるらん」 
はっきり言って、正統な、歴史マンガじゃない。
ある意味、マンガの破天荒さを全面に押し出した作品だと思う。
 そして、それが、いいほうに転化し成功している。
絵柄といい、キャラ立ち、構成といい。おもしろい。
不良・番長マンガの王道をうまく受け継ぎつつ、
歴史マンガとして再構成されていて、おもしろい。

 はっきり言えば、新撰組の人たちって完全な不良なんですよ。淀川で相撲取りの人とけんかしたり、、。
それこそ、剣のみで強いやつだけが、生き残る道を選んだ。
西部劇でいうところのガンマン。
 命の取り合いの喧嘩につぐ、喧嘩を生きた人々なのです。
その辺が、すごいやつが、どんどんすごいやつと戦い、
そのインフレでどんどん話をひっぱっていくドライブ感につながっています。
 もちろん、絵柄もいい。

 もちろん、新撰組メンバーは定番の美少年としてえがかれるのですが、
一番のキャラ立ちは、佐々木只三郎でしょうか、、。
 これは、読んでのお楽しみ。
資料があるのか、それとも製作サイドの創作か、、。
 マンガとしてうまく活かされています。
 
 新撰組って後半ぐだぐだになる傾向があるので、
(基本、負けた側についちゃったし、戦いが大きくなればなるほど、
もう剣の通用する時代じゃなかった)
芹沢さんとの、内部抗争あたりをハイライトに持ってくる傾向があるんですが、
 本書は、どうなるんでしょうね、、。
まぁ、、、日本のエンタメ・マンガって連載が続くかどうかが、すべてなので、
わかりませんが。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

新世紀 エヴァンゲリオン 13巻



 「新世紀 エヴァンゲリオン 13巻」
 貞本義行・著

 新劇場版Qにあわせての、出版でしょうか?
メディアミックスの戦略にのってみました。
 前巻の12巻が丁度、旧劇場版の「air」の中盤までだとすると、
今回は、「air」の終盤から、「まごころを君に」のはんぶんぐらいまで、、。
 アスカとエヴァ量産型とぼ死闘が繰り広げられますが、
貞本版では、ベークライトの拘束が解けてシンジ君が初号機で助けに来ます。
 そのあと、どうなるかは、もう、みなさんご存知だと思いますが、、、
リツコさんの碇指令への反抗も重要な場面として描かれます。

 庵野監督の当時の心理状態から、壮絶な作品となった旧劇場版ですが、
貞本バージョンだと、ちょっとやさしめ、、。
 量産型が復活したのちの、
シンジ君の精神世界の描写が貞本バージョン・オリジナルとしての
見せ所だと、思います。
 今後、どう描かれるのでしょう?。

 関係記事
新世紀 エヴァンゲリオン 12巻


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。